1. ホーム
  2. 試験原理

試験原理

遺伝子操作によりアミノ酸が存在しなければ生育できない微生物(サルモネラ菌:ヒスチジン要求性、大腸菌:トリプトファン要求性)は、試験過程において微量のアミノ酸が添加されることにより生育(増殖)します。これらの微生物は、変異原性を有する化学物質を作用させると、細胞内のDNAに突然変異を引き起こし、アミノ酸がなくても生育(増殖)できるようになり、肉眼で見える程度のコロニーを形成します。このコロニー数と化学物質を作用させない場合のコロニー数を比較することにより、変異原性の有無を知ることができます。

使用菌株
サルモネラ菌 TA98、TA100、TA1535、TA1537、TA102
大腸菌 WP2uvrA、WP2uvrA/pKM101